断乳はじめました

●木曜日の夜
娘とケンカ。
泣き声の合間にアクビをする娘。
このまま寝そうだな~と思い
ついでに断乳を思いつく。
(一番ダメなパターン。本当は事前準備が必要らしい)
いつも寝かしつけに授乳しているのをカットしちゃえ、と。

夜中にいつも授乳するタイミングで目が覚めた娘。
30分くらい「おぱーい」と繰り返して泣く。


●金曜日の日中
目覚めて顔を合わせて、心なしかよそよそしい。
よそよそしいのは私だけ?かしら。
乳が出るのに与えない罪悪感というか。
断乳の是非に揺れる朝。

娘「おっぱい?」どうかしら?うかがうような眼差しで見てくる。
「おっぱいもうおしまいね。なくてももう大丈夫だからね」と私。
何回かこんなやりとりをする。

乳腺は繊細なので、
行き先を失った乳が詰まらないように1回軽めに搾乳。

●金曜日の夜
お風呂でじっくり搾乳。
寝かしつけの時に30分くらい泣く。
「おぱーい!おぱーい!」
夜中には一言だけ「おぱーい…」があった。
私も思わず習慣で与えそうになったけど
ハっと思い出して「おっぱいナシね」
すぐに寝た模様。

●土曜日の日中
2~3回「おっぱい?」
1回軽めに搾乳

●土曜日の夜
お風呂でじっくり搾乳。
妊娠してから3年近く止まっていた月のモノが復活。
なんというタイミング。
乳は血からできているというけど、
血量に余力ができたのか。

寝る時に「おっぱい」と言わない。
寝かしつけに一緒に歌をうたう。
なかなか寝ない
私が先に寝た気がする。
夜中起きなかった。

●日曜日の日中
いつも授乳していたイスに座ると
試しに「おっぱい?」と言ってくる感じ。
昼間に軽く搾乳。

●日曜日の夜
お風呂でじっくり搾乳
寝かしつけは歌。


あっさりとうまく行きそうな流れだけど
まだ油断は禁物。

しばらく娘に乳を見せないように。
乳が詰まらないように、搾乳もしっかりと。
あと、乳のカロリー消費がなくなるので
私の節食開始。


2歳のお誕生日プレゼントにもらった娘ビスコ。
e0222881_224338.jpg



乳に飢えているのか、主にクリーム部分を吸う娘。
e0222881_2241146.jpg



授乳で大変なのは
乳がないと娘が眠れないこと。
夜中に娘が起きること。
お酒や薬やカフェインを飲むのに抵抗を感じること。
授乳しやすい服を選ぶという制限があること。
長時間乳を出さないと詰まって乳腺炎になること。

授乳で助かっていたことは
娘が野菜嫌いでバランスの良い食事をしていなくても、
乳で栄養素をカバーしている気になっていたこと。
育児はあんまり上手じゃないけど
乳で愛情面もカバーしている気になってたこと。

これからは
経口補給の愛情表現から
言葉や態度での表現をもっと豊かにしていこう。
娘のコミュニケーションも能力もずいぶん発達してきたし。

私の右のおっぱい、2年間おつかれさま!
(左はずいぶん前に造乳から引退)

by kogashizu | 2013-03-18 03:27

<< 鬼のパンツ 2歳 >>