<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

How to 餅踏み

2月26日は娘の一歳の誕生日。
もちふみ という行事を。
e0222881_1525322.jpg


紅白に重ねたお餅の上を
小さなわらじをはいて
南天のつえをもって
二人のおばあちゃんが両方から支えて
「おまえ100まで 私しゃ99まで 共に白髪のはえるまで」
と謡いながら歩かせて
机にそろばん、はさみ、お金、筆 などを並べ
何をとるかで将来をうらなう。
e0222881_1532182.jpg


娘ははさみをチョイス。
裁縫らしい。
器用で、手仕事が得意になるかな。
手に職?今でいうとネイリストとか、かな。
e0222881_152165.jpg


娘に着せたお着物は
ダンナさんの妹さんのもの。
お宮参りでも着せてもらいました。
すごく華やかになってとってもありがたいです。

小さなわらじは
ダンナさんのおじいちゃん(娘にとってはひいおじいちゃん)が
作っていたらしいのですが
今回はお土産屋さんで買ったもの。

南天は厄除けにトイレの外とか鬼門に植えておくらしいのですが、
いただいて厄がきちゃってもアレだし、
こんなに立派な南天、調達が大変だったようです。

使用後の南天の枝は
わらじをくくりつけて玄関に飾っておくそうです。
e0222881_1411838.jpg


お餅は赤を下、白を上にして重ねたまま
八等分に切ってラップに包み
お赤飯と一緒に隣近所に配る。

子供は踏んだお餅は食べちゃだめ。
出世しないから。
大人は大丈夫。

おかしらつきの大きな鯛を煮る。
ちなみに鯛は、春と秋の社日にも煮る。
春は豊作を願って。秋は収穫に感謝して。

南天についてちょこっと調べてみたら
花言葉は「私の愛は増すばかり」、「良い家庭」。
無事に娘の一歳の誕生日をむかえ、
とどこおりなく?餅踏みを終えた
まさに今の私の心境。

玄関先に、わらじつきの南天の枝があるお宅にお邪魔したら
話がはずみそうです。

--------
メモ
●お赤飯
ささげのほうが割れない
もち米3合に対して豆3分の1カップ
豆一回煮こぼしてアクを出し
もう一回煮て一晩つけておく
もち米は洗って豆の汁で一晩つけておく
布に包んで蒸す
途中で豆汁と塩まぜたのをまぶす。

●魚は水から煮ない

by kogashizu | 2012-02-28 02:56

赤ちゃんあるある

女児の冬のおうちスタイル
ピンクにピンクを重ねて、気付いたらパー子。
e0222881_1631962.jpg


ポニーテールとシュシュ
e0222881_1665548.jpg


髪の毛を結んで「きゃわい~」とか言うと
にやにやと気をよくしています。
もうすっかり女子。
最近は私のシュシュを髪から引っ張りとって
自分の頭に持っていったりします。
ジャイ子め!

by kogashizu | 2012-02-23 16:27

猫カフェ?

小戸のカフェ、アリワにお友達と行ってきました。

たまに大きくて大人の猫がいます。
トモエが大胆にも猫のヒゲあたりをそわそわしてました。
猫、動じず。
追いかけてハイハイしたり、猫の一挙一動に釘づけのトモエ。
今まで遭遇した時より一緒に遊んでる感がありました。
そんな二匹を見て 母、うっとり。
e0222881_2332956.jpg


その日のパスタランチの前菜は
野菜や豆なんかをあっさり煮たものだったので、トモエと共有。
同じものを食べて、美味しさを分かちあう機会がだんだん増えてきてうれしいです。
将来的にはホヤと日本酒、ブルーチーズとワインを分かち合いたいもんです。

ここのカフェは夜に音イベントをよくやっているのですが、
赤ちゃん同伴可なのがうれしいです。
生音楽を三つ子の魂にできるだけ刻みたいなぁ、と。
豊かな感性を願って。

by kogashizu | 2012-02-21 23:57

たくましい



親は何度見ても飽きません。
打たれ強いのか、鈍感なのか。

先週くらいから一日に一回くらい一歩、歩きます。
卵の白身にアレルギー反応がある気がします。
インディアンのあわわわわ・・・をやります。
ダンナさんを見るやいないや両手を挙げてダッコアピールします。
離乳食を食べたくない時に、プイと横を向いて拒否を覚えました。

by kogashizu | 2012-02-17 00:33

にゃん語

猫は好きであります。
飼ったことはないけど
環境が整えば飼いたいな、と思うし。
猫グッツは持ってないけど
猫好きな人には贈りたいな、と思うし。
猫画像を探したりはしないけど
見たらかわいいな、と思うし。
猫好きエリートとはいえないまでも
普通に好きであります。

でも、
ニャーニャー言います。
とにかく、
ニャーニャーニャーニャー言ってます。
「もえニャー(トモエの「もえ」)、 寝るニャー」
「お父ニャが帰ってきたニャー」
「もえニャ そっちいったら寒いニャ こっちくるニャー」
「もニャー(トモエの「も」) あニャー(はやし言葉)」

私は身長170センチで背が高く、声も低く、
必然的にクール系を気取っている(つもり)のですが
もう、だいなし!

思い当たるふしは
NHKの「お母さんといっしょ」の猫キャラ、ミーニャ。
この子がニャーニャー言うんです。
多分これが感染源かと。

にゃん語の感染力は強く、そして根深いようです。
1ヶ月くらい前から赤ちゃんといる時にはテレビを消すことにしたので
ミーニャともずいぶんご無沙汰なのに
今でもニャーニャー言ってます。
もしかして、ですが・・・
まさか私、気に入って使ってる!?
どうか外ではニャーニャーでませんように。

ダンナさんもキャリアではあるようです。
たまに語尾に「ニャ」がついています。
本人は気づいているのでしょうか。
ごめんなさい。

by kogashizu | 2012-02-15 15:50