<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2周年 3年目

3月20日は結婚記念日でした。

娘を預けて、夫婦で久~しぶりのデート。
せっかくだから、子連れじゃ行けないお店へ。
大奮発してもらって、西新の『手島邸』へ
e0222881_14403562.jpg


閑静な住宅街にある和食のお店。
隠れ家とはこういうところ、というお手本のよう。
洋画家の故手島貢氏の邸宅・アトリエをお店にしているそうですが、
その改装具合も絶妙。
厨房以外はほとんどそのままに思えるくらい。
古さがよい味わいとなっていて、居心地のよい空間でした。
もちろん、絵画もふんだん。お洒落。

庭に臨むキッチンのおうちに住みたくなる厨房。
e0222881_14494894.jpg


他のお客さんが来たら写真撮影NGだったので
最初の水出し玉露のみUP。
お出汁のような、はじめてのお茶の味わい。
アミノ酸、でてるのかしら。
e0222881_14484938.jpg


お料理の後も、アトリエだったラウンジに席を移して
ゆっくりとくつろがせていただきました。
出会ったころの甘い思い出話・・・ではなく
隣のお客さんの会話から背景を分析。
下世話(笑)

娘の託児はファミリーサポートを初めて利用。
市の福祉事業で会員制の育児支援です。
祝日の夜間でしたが、一時間800円。
助かる~!
マッチングしていただいた会員の方は
ご近所で、実績もある方なので
安心して預けることができました。
3時間半、娘も楽しんでいたようです。

祭りのあと。
e0222881_1585540.jpg


長いこと眠っていたつけまつげはうまくいかず
三回やりなおし。
ネックレスも大振りのピアスも指輪も
娘に引きちぎられる恐れがあるため(笑)、久しぶりの出動。
ゆっくりとメイクに時間をかけるのも
何回も着替えてアレコレお洋服を決めるのも
早くに準備しすぎて1時間くらいもてあますのも
久しぶりに手を繋いて歩くのも
特別でよい思い出になりました。

ありがとう。
これからもよろしくね。

by kogashizu | 2012-03-23 15:41

ホワイトデー

赤坂の『五島』で和菓子を買ってきてくれました。
e0222881_1181981.jpg


こんなクールな色彩で春を表現するなんて
す・て・き☆
ホワイトデー仕様なのかしら。
あっさりとした甘さで今風。
美味しくいただきました。
ごちそう様です。

「バレンタインはどっちからでもいいんだって」と言って
今年はチョコもいただいたのにありがとう。
年度末の眩暈がするほど忙しい時にありがとう。

私はおからクッキーをつくりました。
家の食材を駆使して。
決して残り物ではなく・・・。
「東南アジアの味がする」と言われました。

形・食感が、カントリーマアムのようだったので
アメリカの郊外で、肉付きのいいツヤツヤしたママンが
鼻歌まじりに作ったイメージだったのですが、
東南アジアの屋台で、骨ばったギスギスした女が
ケンケン言いながらこねているイメージの味だそうです。

娘には好評でした。

by kogashizu | 2012-03-15 11:08

一年前のこと

大きな地震があった時、
里帰り出産で千葉の実家にいた
母と再放送のドラマを見ていた
おみやさん だったかな

位置的に母が娘を、
私が怯える犬をダッコした

それから犬が余震がある度に私のところへくるようになった。
度重なる余震によって
揺れていないのに揺れている感覚があったが
犬で真偽がわかるようになった
動物の第六感とやらで、
本当は先導してもらいたいくらいなんだけど とも思った

実家はその冬に建て替えたばかりの新品だったからか、
被害はなかった

その夜は
寝室の隣のリビングのテレビをつけっぱなしにしていて
父と母が交代でソファで寝ていた
無事に夜が明けることを祈った

余震の度に神経を集中した
どのタイミングで娘を抱え、どれを持ってどのルートで逃げようか
オール電化で火の事に意識をはずしていいのはよかった

地震速報の音に身を固くした
慣れちゃいけないと思った

非常用バックも作り、常に枕元に置いていた
中身は財布、携帯の他に
娘のオムツ、粉ミルク、おくるみなど娘グッツばかり
つきつめれば私に必要なものって娘だけか、と思った
そのバックを持って娘をダッコした余震も何度かあった
一回くらいは外にまで出た

母は玄関に羽毛布団を置いていた
笑える気もしないでもないが、
今思えば産後の私のためか

寝室にしていた部屋の
大きなタンスがストレスだった
あれが倒れたら足先にかかるかしら、とか。
布団の位置をよく調整していた

後に知ったが
柏がホットスポットとなる原因の雨の日に
父に娘を見てもらって
母とお寿司のランチを食べに行った
車からお店まで
傘は持っていた気はするが
少し雨にうたれた気もする

計画停電の夜には
ろうそくを灯して夕食を食べた
妙に楽しかった

友達が実家まで遊びに来てくれて
帰宅難民の話や
お仕事社会の震災後の話を聞いた

産後ホヤホヤだったので
あまり目を使わないように気をつけていたが
たまに携帯をみると溢れる震災情報
一つ特別に怖いと思ったものを見てしまって
そうしたらどよんとして
一週間福岡の帰省を早めた
でも後にその情報がウソ臭いことも書いてあった
けど本当のところはわからない

娘が生まれたてすぎて
地震に怯えることがなかったのはよかった

私が今この社会に貢献できることは子育てだと思った
娘がまっとうな人間になる手助けをすること
今のところまっとうだと思う
月に100円の募金は続けている
娘も一歳になり、だいぶ丈夫になってきたので
節電にもう少し力をいれようと思う
原発は反対だ

by kogashizu | 2012-03-12 02:34

ギャラリー巡り

少し前になりますが
2月の雪の日に2軒行ってきました。
e0222881_23293756.jpg


●10zine
http://10zine.org/archives/815
e0222881_2330256.jpg


上はカレンダー 200円
現在は娘によって破かれたふすまの穴を(とほほ)
これを貼って補修しています。

下は冊子になっているアルファベットのmetamorphosis 500円
カラフルなので娘の絵本にいいな、と。
英語赤点の母として、
アルファベットに親しみを持ってもらいたい!という願いも込めて。

安くかっこいいデザインが手に入るので
また次回も行きたいな!

●鹿児島の「工房しょうぶ」の作品を
新天町のギャラリー「おいし」にて
http://www.shobu.jp/index.html
e0222881_23313135.jpg


障害を持つ人たちの作品です。
左は糸の縫いこんである封筒
右はポストカード

購入することで支援したいけど、
デザインが私にはピンとこないなー
と思うことがありますが
ここのは使いたくなる
というか、かっこいいです。
きっとプロデュース?もいいんだろうな。
鹿児島の施設にも機会があったらいってみたいです。

マリコさん、誘ってくれてありがとうございます☆

by kogashizu | 2012-03-09 00:11

はなめがね

昨夜19時過ぎ、ダンナさんが鼻メガネで帰ってきました。
ゴキゲンで酔っています。
ビールとお酒3合をキュッと飲んできたようです。
早い時間ですが、その酔いっぷりは侮れません。
新婚当初はその時間帯と酔いのギャップに戸惑ったものです。

寝かしつけの最中に鼻メガネ登場で目の冴える娘。
赤ちゃん鼻メガネ。
e0222881_12481381.jpg


お母さん鼻メガネ。
e0222881_12484346.jpg


うわーい!
e0222881_1249876.jpg


きびだんご というシブい手土産もいただきました。
ひとしきり遊び、再び寝かしつけ。
私も娘と一緒にひと眠りした後、
深夜にまだ浴室の電気がついているのを発見した時には
大惨事を覚悟し、息を飲んで戸を開けました。
ぬるくなったお湯に浸かりながら
キョトンとした顔で、「目をつぶって考え事してた」と言われました。
二時間も!

by kogashizu | 2012-03-07 13:03

祝1歳

姪っ子ちゃんが娘にプレゼントしてくれた
手作りきせかええほん
いつもクールなので感激もひとしお
娘の反応も上々!
e0222881_0403359.jpg


ダンナさんから娘へ
ハーネスにもなるハチのリュック
うおー きゃわいいー
はやく一緒にお散歩したいよー
e0222881_0433994.jpg


外国製で外国人キッズの頭が小さいからか
娘の頭が規格外なのか
帽子のゴムがきつくて人相の変わる娘
笑えてぶれる
e0222881_0443064.jpg


子育てしていて痛感したのは
人間は社会の中で生きていくようにできている動物だということ。
生まれたてなんて、生命線であるおっぱいですら満足に吸えない。
1年たっても歩くことさえままならない。
一人ではぜんぜん生きていけない。

娘も私と同じように
一人でなんでもできるような顔をする時がくるかと思うけど
いつでもどこでもたくさんの手があったことを伝えていきたい。
そして娘もたくさん手を差し伸べて欲しい。

娘が生まれてから
本当にたくさんの方から「おめでとう」をいただき、助けていただきました。
そのおかげでなんとか無事に一年を過ごすことができました。
ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

おめでとう巴。
素晴らしい1年をありがとう。
大好きだー!

by kogashizu | 2012-03-04 01:49