夏のラッキーセブン

1、能古島から花火を見ていた。
平日で、2歳の娘と一緒だったので、帰りの船は20時45分。
次の船は21時45分なのでちと遅すぎる。
子育て中の宿命も慣れたもので、
花火は途中だったが、サクっと帰路につく。
船が出航して間もなく、デッキから花火のクライマックスが見えた。
さっきまでの場所からよりも鮮烈に。

2、使う度にウキウキするような、
アガるハンカチが欲しいと思った朝。
その夜、郵便受けの中にアガるハンカチが入っていた。
千葉に住む友人からのプレゼントだった。

3、プリンターが壊れた。
修理は高額なので買い替えたほうがいいとのこと。
まずはネットで相場を調べて・・・とPCに向かったが、
ふと、先日友だちに誘われて行ったブックオフを思い出した。
去年の秋モデルが新品で売っていて、6000円で手に入れた。

4、クールで巨大なフォトフレームを買った。
去年、コンランショップで見かけて
かっこいいなー欲しいなーと、心がざわついていたもの。
SALEになっていた。たしか4割引き。
8キロあるので、壁に吊るすには補強材がいるらしい。
そのことはちょっとよくわからない。
夫は苦い顔をしていた。

5、無農薬野菜を売りにくるおばちゃんを見つけた。
しかもとっても安い。
1000円あれば1週間分の野菜が手に入る。
その分、本物の味醂もこだわりの醤油も
心苦しくなく買えるようになった。
食生活が一気に豊かになった。

6、バスで席を譲った。
2つ前の席に座っている人が譲らないもんだから、イヤイヤだ。
老人の立っていたところに立つ私。
涼しい顔をしながらも、渦巻く邪念。
ピチピチじゃないの!オマエが席譲れよなー疲れたー
黒い感情が漏れ出ていたのか、
ピチピチが他の老人に席を譲った。
涙ぐんでしまった。
いたたまれなくしちゃってごめんね。ありがとう。

7、仕事をいただいた。
他の人宛に依頼メールを作成している時に、
私のことがパッと浮かんだという。
自分の勘は当たるから、と変更して声をかけてくださった。
その勘の的中率、下げません!さ、下がりませんように!!


ひとまず廊下に立てかけたフォトフレーム
e0222881_2334225.jpg

by kogashizu | 2013-08-22 17:01

<< 1分のハロウィン オフィシャルな下着 >>