カチャカチャまでね

能古島まではフェリーで10分。
娘はそこにある保育園に通っていて、
私は娘の送迎で、島を毎日2往復してます。

4月からは先生が引率して、娘を船に乗せてくれるので
私が島に通うのはあと2週間くらい。

夏は汗だくで
冬は寒くて寒くて。
雨の日はいつも面倒くさい。

私がくたびれた時や、娘の気分がのらない時は
ケンカもたくさんしたけど、
もう終わっちゃうと思うとさみしいもんです。


e0222881_23234866.jpg


絵本の読み聞かせをする先生の要領で、
絵に物語をつけて
私に読み聞かせをしてくれます。
e0222881_032263.jpg


まあ、こんなこともあります。
e0222881_23242816.jpg


娘と手をつなぐのは、本当に気持ちがいい。
e0222881_23272854.jpg


月も見つけてくれるし。
e0222881_2328051.jpg


夕暮れの表情も美しかったな。
e0222881_23284074.jpg


これを「カチャカチャ」といってます。
e0222881_23305821.jpg


娘がポールの金具部分をいじくって、「カチャカチャ」とならすから。
e0222881_2335013.jpg


ダッコダッコの娘。15キロ。
「じゃあ、カチャカチャまで歩こう!」
「カチャカチャまでダッコして~」
ってなかんじで使います。

最近はずいぶんとダッコも減りました。
まだせがまれるけど。
e0222881_23352547.jpg


渡船場のオアシス
あたたかい待合室。
e0222881_23394515.jpg


お迎えが遅くなった時には、
ここで一緒にお弁当を食べたりしました。
e0222881_23414367.jpg


私に似ず、人見知りをしない娘。
スススーと見ず知らずの人に寄っていっては、
遊んでもらったりして
乗客の皆さまには大変お世話になっております。
e0222881_23455727.jpg


夜景もきれいでした。
e0222881_2348925.jpg



こんなことは、私だけが覚えていて
娘はきっとすぐに忘れてしまうんだろうな。

「カチャカチャ」なんて
もう、すぐにでも。
なんだか片思いみたいな切なさ。

まあ、とにかく
私の勝手で島の保育園に通ってくれる娘よ
保育園を、能古島を好きになってくれてありがとう。
私にたくさんの思い出もありがとう。

by kogashizu | 2014-03-16 00:44

<< 築後ツアー 大川組子 築後ツアー 津留いちご農園 >>